« 世界のヴァイオリン事情 | トップページ | 世界のヴァイオリン事情 3 »

世界のヴァイオリン事情 2

前回の続きです。

私は 技術的なことは 確かに教える先生によって相当な差があるとは思いますが 精神的な内容は技術とはまた別のお話で そこには 底知れる成長の可能性が秘めているんじゃないかと思っています。これはおそらくアジアに限らず世界中で同じことが言えることなのかもしれませんが 技術的な問題はコツを教えれば吸収さえしていただければ さほど大きな問題ではありませんが 精神的な強さは そうはいきません。

いくら高い技術も頭で理解していても それを練習によって自分のものにしていく過程は 精神的な問題が大きくかかわってきます。それは 吸収したいと思う気持ちや上手くなりたいと思う気持ちであって そこがどこまで強いかはあくまで 技術的な問題ではなく精神的な問題です。

しかし 今の日本にとっては ここがとても薄いような気がしています。ただ それは そんな気がしているだけで 実際のそうなのか私自身 いろいろな国でレッスンをしているわけではないので 本当のところはわからないのですが とても気になっています。

続きは また 次回!!

ヴァイオリン教室シュトライヒャー 

|

« 世界のヴァイオリン事情 | トップページ | 世界のヴァイオリン事情 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/463090/38794162

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のヴァイオリン事情 2:

« 世界のヴァイオリン事情 | トップページ | 世界のヴァイオリン事情 3 »